顔型別、似合うフレーム

顔の形とは異なる形のフレームを選ぶのがコツ

メガネフレームは顔の印象に大きく影響するものです。かける人に良く似合っているフレームなら、とても洗練された印象になるでしょう。メガネを選ぶ際に基本となるのが顔の形です。ポイントは自分の顔の形と異なる形のフレームを選ぶということ。ですから自分の顔の形をよく把握しておけば、自然とメガネ選びが楽になるということですね。輪郭のパターンとしては、面長、丸顔、四角顔、逆三角形顔の4つがあります。事前に自分がどのタイプに一番近いかを鏡でチェックしておくと良いでしょう。

縦に長い面長顔の人は比較的どんなフレームでも無難に似合います。スマートな面長顔を生かすならスタンダードなウェリントン型やボストン型を選ぶとおしゃれに決まります。

輪郭に合ったフレームで好印象に!

親しみやすい印象の丸顔の方には角のあるスクエアフレームが似合います。ふんわりとした輪郭の顔にメリハリを与えることで顔立ちをすっきりと見せることができるでしょう。ボストンやラウンドフレームは輪郭の丸みを強調してしまうので避けましょう。逆に四角い顔立ちの方、えらの張っている方は丸みのあるフレームがおすすめ。ラウンド型やボストンが柔らかいイメージを与えてくれます。大人っぽいオーバルフレームもよく似合います。四角い輪郭が際立ってしまうスクエアフレームは避けた方が無難でしょう。

あごのラインが華奢な逆三角形の顔の場合はオーバルタイプが良く似合います。きつい印象を持たれがちな三角顔を柔らかい雰囲気にしてくれます。また少し小さめのフレームを選ぶことで顔全体のバランスを整えることもできるでしょう。

めがねには視力を矯正するだけでなく、ものを見るために働く目の筋肉の運動を活発にさせる働きがあります。そのためさらなる視力の低下を防ぐ効果があります。