フレームカラーが与える印象

きつい印象を与えてしまう人は明るいカラーを

メガネは視力を矯正するという本来の役目だけではなく、最近ではファッションアイテムとしても重要となっています。そのため、いつも使っているメガネを違うフレームカラーのメガネにするだけで人に与える印象を大きく変化させることが出来ます。人にきつい印象を与えてしまうという人の場合は、濃い色のフレームを避けて明るいカラーのフレームにすることで優しい印象を与えることが出来ます。ベージュカラーは特に肌と馴染みやすいので便利ですが、日焼けしていたりすると浮いているように見えてしまうため、肌のコンディションには気を使う必要があります。ゴールド系のフレームカラーはより華やかな印象を人に与えますが、派手過ぎて下品になってしまうこともあるので使い分けが必要です。

上品で落ち着いた印象を与えたい場合にはシルバー系で

メガネに使われるフレームの中でもブラックやダークブラウンといった濃い色は落ち着いた印象を与え、どんな肌にも合うために使い勝手がよくビジネスにも合うフレームカラーとなっています。しかし、出来ればもう少しオシャレを意識したいという場合にはシルバー系のフレームカラーが便利です。シルバー系は落ち着いているというだけではなく上品でクールな印象を与えます。重厚感があって人に強い印象を与える濃い色のフレームカラーとは違い、落ち着いていながらも控えめなのがシルバー系の特徴です。シルバー系は白い肌に良く合うという特徴がある反面、その落ち着いた雰囲気から少し老けて見られてしまう場合もあるので女性が使う場合には注意も必要です。

快適な眼鏡ライフにはきちんとしたフィッティングが重要になります。黒目は上下の中央に、目とレンズの間は12ミリの間隔が基本です。