自分の顔型、サイズを知ろう

メガネ選びの基準の顔型4タイプ

似合うメガネは、自分の顔型に合わせたデザインのものを選ぶと良いでしょう。顔型は、顔の縦幅が短くシャープなフェイスラインの「三角顔」と縦幅が短くふっくらとした印象の「丸顔」、縦幅が長くメリハリのある「四角顔」と縦幅が長くほっそりとした「面長顔」の4タイプに分けられます。丸顔・三角顔の縦幅が短いタイプは、フレームの縦幅が短く、リムが細いデザインがおすすめです。スクエアやオーバル、ハーフリムのメガネを選ぶとバランスが取りやすくなります。縦幅が長い顔型には、フレームの縦幅が長く、フレームラインがはっきりしたデザインがおすすめです。四角顔にはオーバルなどの曲線的なもの、面長顔にはウェリントンのようなフレームの下部も印象的なデザインが似合う傾向があります。

バランスの良いメガネ選びのサイズとは

メガネは、かけた時のフレームの縦幅が、眉から顎先までの長さの3分の1以内の大きさにするとバランスが良いと言われています。縦幅の広過ぎるメガネは、顔を大きく見せてしまうので注意が必要です。顔の横幅とフレーム幅は、大体同じくらいのサイズを選ぶようにしましょう。フレームが顔幅に比べて小さすぎると顔が大きく見え、大き過ぎるフレームは目が小さく見えてしまいます。

また、メガネをかけた時の瞳の位置も重要です。左右のレンズの真ん中から1,2ミリほど内側にある状態が望ましいとされています。およそ中心に黒目が来るように選びましょう。黒目の位置が上下にずれる場合は、鼻の高さとメガネの鼻幅の調整を行います。黒目の位置が内外にずれてしまう場合は、デザイン選びで対応可能です。横幅の広く見えるスクエア型フレームや、狭く見えるオーバル型フレームなど試してみることをおすすめします。