フレームデザインが与える印象

フレームデザインは自分に合ったものを選びましょう

今やメガネはファッションアイテムの一つとして大切な役割を担っています。メガネのフレームも形状がさまざまで、フレームデザインによって相手に与える印象も大きく変わります。あなたは、今掛けているメガネに満足しているでしょうか。 自分に似合っていないフレームを選んでしまうと、思わぬ印象を相手に与えてしまうかもしれません。穏やかな性格の人が、自分に合わないメガネを選んだ結果、相手にキツい性格の印象を与えてしまうこともあり、非常にもったいないです。逆に言えば、自分にあったフレームデザインを選べればイメージアップにもつながります。メガネを選ぶときにちょっとしたことを意識するだけで見た目が変わるのです。今まで何となくメガネを選んでいたり、お店で似合っていたはずなのに、家で掛けてみたらピンとこないと思っている人は少なくないはずです。そんなあなたに、自分に合ったフレームデザインを選んでもらいたいです。

フレームデザインを選ぶには自分の顔の形を知ろう

自分に合うメガネのフレームデザインを見つけるには何を知ればいいのでしょうか。そのためには自分の顔型を把握し、どんな印象を相手に持ってもらいたいのかを自分が分かっていることが大切です。つまり、自分が相手に好印象を与えるためには、メガネと顔の形の相性を知っておく、ということになります。自分の顔型を知り、それに合ったフレームを選ぶことで、自分に似合うメガネが見つかりやすくなるからです。 顔型に合うフレームデザインは、以下の通りです。四角顔の人はフェイスラインを生かし丸型を選ぶことで小顔効果があります。面長顔では、メガネの天地幅を大きくとることで縦長な印象を抑えてくれます。丸顔の人は、直線的なラインのフレームが引き締まった印象を与えます。三角顔は、丸形のフレームを選ぶことで鋭角的な顔立ちを抑え、優しい印象を与えます。自分の顔型を知り、あなたに合ったメガネのフレームデザインが見つかるといいですね。