目鼻のバランスとサイズ調整方法

バランスを意識したチョイスが大切

メガネが似合わないと感じている人は、目鼻とのバランスを意識していないのが理由かもしれません。まず目とのバランスをマッチさせるには、フレームの横サイズがポイントで、基本的には顔幅と同じか、やや小さめを選ぶのがおすすめと言えます。幅が広いフレームを選ぶと、目が寄っているように見せてしまい、バランス感の悪いルックスになりがちです。次に鼻とのバランスですが、眉毛からアゴまでの長さを3分割し、3分の1のエリアに収まるサイズのフレームを選ぶのがポイントです。フレームの高さが低すぎると鼻が低く見え、逆に高すぎると鼻が主張してバランスを崩しますので注意しましょう。正しい位置に調節をすると、度を入れる場合も視力が適切に出やすく、疲れ目の防止にもなりますよ。

メガネのサイズ調整は自分でもできる?

使っている内にメガネのフィット感が悪くなることもあるものです。その場合、自分で調整を行い、かけ心地を改善することもできます。方法のひとつがテンプルの調整で、やさしく角度を変えることで顔幅にフィットし、ズレにくくなります。無理にやると折れてしまう可能性がありますので注意しましょう。耳に引っ掛けるモダン部分の調整も可能です。ここも同じように角度を付けることができ、引っ掛かりを良くすることでフィット感を高められます。 なお、テンプルにも言えることですが、皮膚に食い込むほどの角度を付けてしまうと、痛みが出たり頭痛の原因になったりしますので気を付けなければいけません。自分でもある程度の調整は可能ですが、基本的にはメガネ店で行うことが推奨されます。特に度入りの場合は視力の出方にも影響を及ぼすため、プロによるフィッティングを受けることが大切です。